ページの先頭です

下水道が大切なわけ

  • もしも下水道がなかったら:下水道が使えない!?そんなことが現実になったらどうなっちゃうのだろう?
  • 水の循環(じゅんかん):液体、固体、気体。水はカタチを変えながら地球をまわっている。下水道の大きな役割とは?

水の循環(じゅんかん)

水は、空から山々、森や街などに雨や雪として降り注ぎます。そして、土の中にしみこんで地下水となったり、川へ流れ海へ注ぎ、じょう発してまた空へもどる。これを「水循環」といいます。この水循環により川や地下水の水量がしっかりと保たれ、人は暮らしに必要な生活用水や農業用水などに水を利用することができるのです。
そしてわたしたちが使った水は、地下にはりめぐらされた下水道管をつたって下水処理場(げすいしょりじょう)へ運ばれます。処理されてキレイになった水は、ふたたび川や湖、海へと流れつき、またじょう発して雲になり雨になって地上へ降る、というサイクルをくり返しています。


コラム

下水道処理場の下流に浄水場がある、というお話

飲み水にも使われる水道の水は、大きな河川の上流や湖など、できるだけキレイな水を取水しています。しかし、大都市圏では利用人口が多く、水源となる大きな川には、下水処理場で処理した水もたくさん流れ込んでいます。では下流に暮らす人はおいしい水が飲めないの?と思われるかもしれません。でも、ご心配なく。そういった下水処理場では、下流にある浄水場のことまで配慮して、より高度に処理して水をキレイにしています。つまり、さらに厳しい基準で水質をクリアした水が川へ放流されているのです。河川の水質が悪化しないようにし、良好な水環境を維持することも、下水道の大切な使命です。

このページのトップへ